歌の表現力をつけるためのテクニックとは?カラオケで上手いと言われる人の特徴とは!(例題:Lemon/米津玄師その他)

カラオケがうまくなる方法 大阪のボイトレ 前田真奈美

歌が上手いですね!って言われたら嬉しいもの。それほどに上手いと言われるって難しいことなのでしょうか?

  • カラオケが上手い人ってどんな人?
  • どういうテクニックを使えば上手く聞こえるのか?
  • 表現力も重要なの?
  • カラオケで上手いって言われる人の特徴とは?

とっても気になりますね!
あるテクニックを使えばカラオケで上手だと言われるようになるんです。

実際にレッスンで取り組んでいる内容を教えます。カラオケで今人気の曲「Lemon/米津玄師」が上手く歌えるテクニックです。

ボイストレーナー

今日から使えるカラオケテクニックです!是非参考に^^

歌の表現力をつけるためのテクニックとは?

表現力をつけるためのテクニックと一言で言っても沢山のコツがあります。まずは声や種類があることを知っておきましょう!

【理論編】地声を使っているのか裏声を使っているのか聞き分けてみよう!

地声と裏声では声の質とか聞こえ方が全く違う両極単な声になります。まずはそこを聞き分けてみましょう。歌手が歌っている感じと同じように地声裏声を分けて歌うことでより表現力が出て上手に聞こえてきます!
「地声と裏声のことについて分からない」という方は先ずはここで勉強してみましょう!

地声を高くする!?地声と裏声の違いとその理由!

それでは実際にカラオケでも大人気の曲、米津玄師さんの『Lemon』を例題に使って勉強していきましょう。

裏声の部分は太文字青のアンダーラインのある部分です。

Lemon/米津玄師

1番のサビから

あのひのかなしみさえ

あのひのくるしみさえ

そのすべてをあいしてた

なたとともに

むねにのこりはなれない

にがいれもんのにおい

あめがふりやむまではかえれない

いまでもあなたはわたしのひかり

どうですか?この曲はサビに目立って分かりやすい裏声がありました!

声質的には裏声よりの地声なのでふんわり柔らかい声で歌っているのが特徴です。声の筋肉で説明すると地声の筋肉は弱めで裏声が優勢の筋肉をしっかり使っていると言えるでしょう。

他の曲でも聞き分けて練習をしてみましょう!

【理論編】アクセントを聞き分けてみよう!

アクセントとは強く強調するところと思いがちですが、他とは違う目立つところという考え方を持っておくと特徴を捉えやすくなります。代表的なアクセントの例はこちら!

  • 強い声
  • 弱い声
  • 息漏れの声
  • 大きい声
  • 小さい声
  • ビブラート、こぶし
  • 語尾を伸ばす
  • 言葉を短く切る

よく使うアクセントをいくつか上げてみました。実際にこれらが歌詞のどこで使われているのかを言葉の一文字一文字に注目して聞き分けてみましょう。

最初は分かりにくいところもあると思いますが、題材として分かりやすい曲を選ぶのもいいですね!1曲しか聞かなかったらわからなかった所も色んな曲を沢山聞いてアクセントはどこにあるのか?を意識して聞いてみると、より色んなアクセントが聞き分けられるようになります。

今回は強く歌っているところを取り上げてみました。ピンクのアンダーラインのところを少し強く歌ってみましょう。これだけでもリズム感が出てきて歌詞がハマり歌いやすくなります。

Lemon/米津玄師

1番のサビから

のひの

のひの

のすべいし

もに

ねにのない

にがいもん

めがふりやむまない

いまでもあなたは

この曲はリズムに特徴のある曲で、スキップするような、跳ねるような感じがします。強く歌うところはだいたい1拍目にあり、楽器のようにリズムを刻むような気持ちで歌うのがコツになります。
強く歌っているところを調べるとリズムが見えてきたりするんですね!

さて次は実践編!実際に自宅で練習にチャレンジしてみよう!

ボイストレーナー

表現力をつける為のテクニックを使って実践してみよう!

歌が上手い!と言われる人の特徴を分析!実際にレッスンでも使っている練習方法を順番を分かりやすくしてみました。レッツトライ!!

【実践編】歌の表現力がある人の特徴を捉え実際に練習をしてみよう!

表現力をつける為にはテクニックはとても重要です。その前にテクニックを十分に活かす為の準備運動があるんですね!

呼吸運動が声を出しやすくする?!自宅で簡単にできる『声の為の7つのストレッチ方法』

レッスンでは次のような順番で練習をしています。

STEP.1
得意な母音だけでメロディーを歌ってみよう!
先ずは母音でメロディーを歌ってみましょう。

母音とは『あ・い・う・え・お』 のことで歌う時には楽器でいうところの音の役割になります。

声という”音”を綺麗に繋げて出せるように練習しましょう。

あなたの一番言いやすい母音はどれですか?全ての母音でメロディーを歌ってみて一番声が出しやすい母音で先ずは練習してみてください。

一番出しやすかった母音の感覚をイメージして出しにくい母音でも練習をします。どの母音でも歌いやすいように練習をしておきましょう。

STEP.2
歌詞を母音に変えて歌ってみよう!
歌詞を全て母音に変換してみましょう。

例えば『アイシテル』であれば『あいいえう』となります。

ちょっと難しい所は後回しにして、ここは歌えるぞ!というメロディーの部分をまずは練習。

この時にステップ1で練習したようにメロディーが綺麗に繋がるように練習してみましょう。母音が変わるところが難しい時はゆっくりと言いやすくなるぐらいの声の大きさで練習してみるといいですね!

STEP.3
メロディーの音に合わせて母音で歌ってみよう
先ずはメロディーの高いところと低いところを意識しましょう。

メロディーを聞いてあなたがどう感じるか?目には見えないけれどもなんだかこのメロディーはテンションがあがる!ここは落ち着く。を感じ取って音の強弱をつけてみましょう。

言葉は最初は得意な母音だけで歌ってみる。次に苦手な母音でも歌ってみる。最後に歌詞の母音で歌ってみましょう!

ここまでくると音としての表現力がついてきている状態です!後もう少し!

STEP.4
歌詞で歌ってみよう!
歌詞で歌う時のコツは目の前に誰かが居ることをイメージしてその人に話しかけるようにして歌うこと。カラオケなどではつい文字を読むようにして歌ってしまいます。そうすると感情のない”棒読み”という状態になりやすく表現力は下がってしまいます。ステップ3で抑揚がついているのでそこに歌詞を誰かに伝えるようにして歌ってみましょう。
STEP.5
アクセントも意識する
理論編で学んだ“強く歌う部分”を練習します。これでリズム感もでてきてかなり上手く聞こえるようになってますよ!

この順番で他の曲もチャレンジしてみましょう!

歌で表現力をつける為のテクニックまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は表現力についての理論や実践編などこのページだけで練習できるように順を追って書いてみました。

上手く聞こえる人の特徴とはただ雰囲気だけではなく色んな要素が重なって上手く聞こえるんですね!強く歌っている言葉を拾うとリズムも見えてきました。

この理論と実践編を使って他の曲にも是非チャレンジしてみてくださいね!
 

友達追加はこちらから!

友だち追加